【必見!】医療機関向けのファクタリングはお得で使いやすい!

売掛債権=モノの売買で発生するもの

と思う方、多いんじゃないでしょうか?売掛債権は商取引で発生するものであり、商取引はモノの売買だけでなく、サービスの提供も含まれます。要するに、ほぼ全ての取引で売掛債権は存在するんです=ファクタリングが利用できるということです。

で、ここ最近注目されているのは、医療機関向けのファクタリングです。医療機関がファクタリングなんて馴染みがないイメージですが、これが、とても利用しやすいんです。その理由を説明しますね。

目次

診療報酬という売掛債権

医療機関には診療報酬という売掛債権があります。ずばり、これがファクタリングの対象となる債権です。

社会保険の団体から支払われる診療報酬は、請求してから約2か月後に入金されます。それまで、売掛債権として保有しなければなりませんが、医療機関は、高額少額含めて設備投資が頻繁に行われます。売掛債権が多い、設備投資が頻繁などファクタリング活用が当てはまります。

診療報酬ファクタリングが有効な理由

診療報酬ファクタリングの特徴といえば、医療機関と国の取引であるということです。売掛先が国であるため、支払いが不能になることはまずありません。

その分、ファクタリング会社の審査も通りやすくなります。

診療報酬請求が発生する流れ

診療報酬は、健康保険の対象となる医療行為を受けることで発生します。基本、患者はかかった医療費の3割を自己負担分として窓口で支払います。

医療機関はその後、診療報酬明細をもとに残りの7割の診療報酬を請求します。それぞれ各種保険組合や国民健康保険等の審査が行われた後、診療報酬が医療機関に振り込まれるという流れです。大体、診療報酬が振り込まれるまで約2か月半~3か月といったところでしょうか。

この間、医療機関には患者から直接受け取った3割分の診療報酬しか手元に残りません。

診療報酬ファクタリングの仕組みとは?

診療報酬ファクタリングは、基本的には通常の買取ファクタリングと同じですが、3社間ファクタリングとなる場合がほとんどです。

契約者は医療機関とファクタリング会社、そして売掛先となる国民健康保険や各種健康保険組合などです。

では、契約までの流れをご紹介します。

  1. 医療機関からファクタリング会社に診療報酬債権譲渡を依頼
  2. 医療機関から売掛先(国民健康保険組合等)に診療報酬債権の譲渡を通知
  3. 売掛先の承諾、3社間ファクタリングの契約締結
  4. 契約が成立すると、ファクタリング会社が診療報酬額面の7~8割を買い取って現金を支払
  5. 医療機関から売掛先へレセプト請求(契約前に済ませておかなければいけない場合も)
  6. 売掛先の審査があり、問題なければ売掛先からファクタリング会社に診療報酬を支払
  7. ファクタリング会社から医療機関へ残り2~3割の診療報酬の支払

3社間ファクタリングで、売掛先も信用力抜群。なのになぜ買い取る割合が少ないか。

ファクタリング会社が買い取る際の割合が7~8割なのは、売掛先の審査により額面が減額される場合を見込んでいるからです。診療報酬明細書に不備があったり存在しない患者のものだった場合は、もちろん審査には通らないので減額対象になります。

診療報酬ファクタリングのメリットとは?

診療報酬ファクタリングは一般的な買取ファクタリングとはまた違うメリットがあります。

信用低下リスクがない

3社間ファクタリングで行われるものの、医療機関の信用力には影響しません。売掛先が国の組織であるため、債権譲渡通知を受けても診療報酬を支払わないということにはなりません。

信用力低下による取引停止のリスクはありません。そのため、一般的な買取ファクタリングに比べて気軽に利用できるファクタリングサービスといえます。

一般的な買取ファクタリングよりも手数料が安い

上述の通り、3社間ファクタリングであること、売掛先が国の組織であることから、必然的に手数料は安くなります。

これは、ファクタリング会社が負うリスクが減少しているためです。一般的な買取ファクタリングと比べて、売掛先の倒産リスクや支払不能リスクなどが格段に低いので、手数料は平均0.5~2.0%と安く設定されています。

審査に通りやすい

金融機関の融資審査に比べて圧倒的に審査の通りやすいファクタリングですが、上述のような条件が揃っている診療報酬ファクタリングはさらに通りやすいと考えてよいでしょう。

ファクタリングの審査は、申込者の状況よりも売掛先の信用度を重視します。そのため、国の信用度はどの企業よりも高くなるため、審査に通りやすいということです。

診療報酬ファクタリングのデメリットとは?

診療報酬ファクタリングのメリットがあればデメリットもあります。ではご紹介します。

ファクタリングありきの経営になりがち

ファクタリングは将来受け取れる診療報酬を期日前に現金化できるサービスです。

その資金を突発的な設備投資等にかかる資金として充てるのならば別ですが、経常取引の一部としてしまうとファクタリングを止めた場合、その月の手元現金が極端に少なくなるため、継続して利用するしかなくなります。

何度も言いますが、融資利息に比べてファクタリング手数料は割高です。融資と並行してバランスよく利用してください。

診療報酬の満額は受け取れない

当然ながら、ファクタリングを申し込むと手数料を引かれた上でその差額が入金されます。本来受け取れるはずだった満額が受け取れないということも頭にいれておいてください。

まとめ

ファクタリングは手元資金を増やすためにはとても有効な手段です。診療報酬のように売掛先から入金があるまで時間がかかるものは特に有効的だと言えます。

ただし、ファクタリングの利用目的をきちんと明確にして利用していくべきです。そして、一時的な利用なのか、継続的な利用なのか、現状の経営に良い影響をもたらしてくれる使い方をしてください。

ファクタリングの概要についての説明はこちら!ファクタリングとは?どこよりも分かりやすく解説

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる