ベンチャー企業の経営者必見!ファクタリングの活用方法

最近は低資本で会社を企業できるようになり、ベンチャー企業がどんどん増えています。ベンチャー企業に限らずですが、創業してすぐの時期は資金繰りに苦しむのが普通です。

会社の倒産理由の多くが資金繰り困窮であるように、資金繰りは会社経営にとってとても重要な課題です。

今回はそんな創業すぐのベンチャー企業にとって有効な資金調達方法を紹介し、ファクタリングが有効な理由もお伝えします。

目次

ベンチャー企業の資金調達方法

ベンチャー企業の運転資金はどうやって集めるべきなのか、そしてどうやったら調達できるのかをお伝えします。

自己資金投入

一番簡単なのは、自分の資金を使って資金繰りを回すことです。正直、これが出来れば最初は苦労しません。

しかし、全ての経営者が資金を潤沢に持っているとは限りません。むしろ資金に困窮している経営者の方が多いのではないでしょうか。

今は、1円からでも株式会社を設立することができるので、その分運転資金に充てられる部分は増えましたが、それでも長期で自己資金を投入するのはなかなか難しいと思います。

ベンチャーキャピタル、クラウドファンディング

ベンチャーキャピタルは投資家によって創業間もない企業の支援をしてくれる投資サービスです。

これは、投資家によって高額の資金を手にすることができる一方で、設立当初から非上場株式の大半をベンチャーキャピタルが保有するため、自由な経営ができなくなります。

またクラウドファンディングは、小規模な金額を多数の一般投資家から募り資金調達をする方法です。

最近注目されている方法で、クラウドファンディングをしてくれた投資家には見返りとして何かしらの報酬を渡す、というのが基本です。インターネットが普及したことで、クラウドファンディングが活発化しています。

銀行融資

銀行融資はもっともスタンダードな資金調達方法と言えます。

そして高額な資金調達ができるサービスでもあります。ただし皆さんもご存じの通り、審査基準は高くましてや創立間もないとなるとなかなか融資承認が降りないのが常です。

比較的、政府系金融機関はベンチャー企業への融資に寛容的なイメージがありますが、金利が高くなったり、担保や保証を要求されたりします。

資産が少ないベンチャー企業にとって担保や保証を要求されること程厳しいものはありません。

保証協会の創業支援資金などを活用するのも一つの手段です。

補助金、助成金を利用

国の補助金、助成金を利用するのも良いでしょう。国が政策として行っているものなので、選考に残り審査が通れば補助金や助成金を受け取れます。

国の政策なので、当然準備や官庁とのやりとり、面談、膨大な資料作成などが待っています。過大な労力をかけて確実に調達できるとも限らないので、そこは熟考すべき点です。

ファクタリング

売掛債権の買取であるファクタリングは、そもそも売掛債権がないと利用できないサービスです。そのため、銀行融資やベンチャーキャピタルのような高額な調達はできません。

ファクタリングの特徴は何と言っても調達までの期間の短さ、審査基準の低さにあります。売掛債権が発生してからの資金調達方法として有効です。

投資効果と利益率から判断すべき

上述の通り、方法はいくつもあります。

自己資金や補助金、助成金を利用する場合は返済の義務がないので楽ですが、継続的に利用することは難しく一時的な資金調達方法としての利用と考えてください。

ベンチャーキャピタルは高額な資金調達ができる一方で、設立会社の株式の大半を保有されてしまうので何かと自由な経営は難しくなります。

クラウドファンディングは一般の投資家から直接資金を集められるので、有効に使えばとても投資効果が期待できます。ただし、これも上記と同様に継続的に利用することは難しいのではないかと思います。また、自ら広告していくことが必要であり、資金が集まるまでに時間がかかるのもデメリットと言えます。

銀行融資は最もわかりやすく安定した資金調達方法です。融資審査に通れば比較的容易に借入できますが、連続赤字や債務超過といった状況が続くと次第に取引が薄くなり、借入ができなくなる可能性もあります。また、返済方法等を細かく指定され、返済が滞ると銀行への印象が良くないので、資金繰り計画も何年か先までしっかり作成する必要があります。

ファクタリングは、審査基準が低く審査にかかる時間も短いので非常に有効です。しかし、融資利息に比べて圧倒的に手数料が高いので、注意が必要です。

「今、売掛債権を手数料10%で売却したとしても、20~30%のリターンが期待できる」など費用対効果が見えているのであれば、積極的に活用すべきだと思います。

もちろん、「従業員に支払う給与の手元資金がないから、仕入先への支払いに充てるためにファクタリングを利用する」といった状況もありえると思います。

しかし、ファクタリングの基本は「将来の還元を見越した投資に利用する」ことが一番の有効活用であると頭にいれておいてください。

まとめ

ベンチャー企業にとって資金調達の悩みは付き物です。

世の中には資金調達方法がいくつも存在します。しかしそこには得手不得手があるので、状況とタイミングによって取捨選択をしていきましょう。

ファクタリングの概要についての説明はこちら!ファクタリングとは?どこよりも分かりやすく解説

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる