ファクタリング会社が儲ける仕組みは何?

早期に現金化できるファクタリングですが、そもそもファクタリング会社ってどうやって儲けているのでしょうか。

どの業者が信頼できる業者なのか判断できないといった声も聴きます。

今回はファクタリング会社の基本的な構造、ファクタリング会社が儲かる仕組みや悪徳業者の見分け方のポイントを紹介します。

目次

ファクタリング会社の利益って?

ファクタリングは利用者が保有する売掛債権を専門業者に売却する代わりに現金を受け取れるサービスです。

ファクタリング会社の基本的な利益は、利用者から売掛債権を買い取った際に受け取る手数料です。

この手数料は法律等で定められているものではなく、ファクタリング会社の独自の判断で設定しています。

そのため、業者ごとに手数料率のばらつきがあります。ファクタリングを利用する際は、複数業者に相見積もりをとり、比較検討することをおすすめします。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングで手数料が違う

また、ファクタリングの種類によっても手数料が異なります。2社間ファクタリングと3社間ファクタリングで手数料が違う理由は、リスクの大小です。

2社間の場合、売掛先にファクタリングの利用を知られずに契約できる反面、ファクタリング会社が売掛債権の未回収リスクを背負うため手数料は高くなります。

一方3社間の場合、売掛先もファクタリング契約に関与するため、未回収リスクは低くなります。その分手数料が安いというわけです。

2社間ファクタリング:約10~30%
3社間ファクタリング:約2~5%

まとめ

儲ける仕組みは、ずばり手数料です。法律の制限がない分、ファクタリング会社が自由に設定できるというところが注意しなければならない点です。

手数料は安いに越したことはありませんが、安いところばかりを重視すると悪徳業者に引っかかってしまう可能性もありますので注意してください。次回は、悪徳業者の見分け方をご紹介します。

 ★悪徳業者の見分け方については、こちら。

ファクタリングの概要についての説明はこちら!ファクタリングとは?どこよりも分かりやすく解説

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる