ファクタリングを利用すれば取引先に知られずに資金調達が可能

売掛債権を売却して現金化するファクタリングは、取引先に利用したことを知られずに資金調達できる一つの手段です。

目次

2社間ファクタリングのポイント

ファクタリングには2社間取引と3社間取引の2種類があります。

そのうち、売掛先に知られず利用できるのは2社間取引です。

下の記事に違いを詳しく載せているので、一度読んでみてください。

★2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違いについては、こちら。

さて、2社間取引の場合は、契約当事者は利用者とファクタリング業者の2社です。そのため、売掛先には契約が締結されたことは通知されません。

売掛先の中には、ファクタリング利用を理由に取引条件を厳しくしてきたり、取引停止を求めてきたりする先もありえます。

そこで2社間取引は有効な手段と言えます。

債権譲渡登記の有無

ファクタリング契約をする場合、債権譲渡登記をするのが一般的です。債権譲渡登記をされれば誰でも確認することができます。

これではファクタリング利用が売掛先に知られてしまう可能性があります。

しかし、債権譲渡登記をせずにファクタリング契約をしてくれる業者もあります。

ファクタリング契約の前に、しっかり業者に確認することが大事です。

気軽に相談できる窓口

ファクタリングは早期に資金化できる有効な手段です。

丁寧な説明、対応、ちゃんと書面で発行してくれるなど、誠実なファクタリング会社を選ぶことが重要です。

その中でも、利用者側の条件を汲み取り提示してくれる会社を選びましょう。まずは簡単見積や問合せをして、条件を伝えてみてはいかがでしょうか。

ファクタリングの概要についての説明はこちら!ファクタリングとは?どこよりも分かりやすく解説

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる