給与ファクタリングは闇金!その詐欺の手口を簡単に説明する。

「給料を即日現金化します」などのうたい文句で、SNSやインターネットの掲示板などを通じて広まっている、給与ファクタリング。

本記事では、その給与ファクタリング問題について解説していきます。

目次

給与ファクタリングとは

ファクタリングはもともと個人事業者や会社の売掛金などの売掛債権を専門業者に買い取ってもらう仕組みですが、これを普通のサラリーマンの給料で行い、給料日前に現金を得る為の手段を給与ファクタリングと言います。

給与ファクタリング問題とは

給与ファクタリングは、利用者の次の給与を「債権」として買い取る形で早急に現金を融通するサービスで、理屈上「債権」はファクタリング業者に移り、利用者の所属する会社に支払いを請求できるかのように見えるのですが、実際のところ会社は「給料は通貨で、直接労働者に、その全額を支払わなければならない」という決まりになっているので、本来債権譲渡ができるという話ではありません。

したがって、ファクタリング業者は利用者からお金を回収するしか回収方法がないのですが、この形態だと実質闇金と変わらないのではないか?というのが給与ファクタリング問題です。

例えば

「20万円の給与債権を15万円でファクタリング会社が買い取り、数日後に20万円でまた利用者が債権を買い戻しする」

という形は一見ファクタリングっぽく見えるのですが、実際は

「15万円を貸し付けて利息込みで20万にして返済する」

ということと何ら変わりはありません。

更に、「返済日を過ぎたら利息が跳ね上がった」、「夜中に回収業者が来て脅された」という話もあり、実態は闇金とほぼ変わらないと言えるでしょう。

本件について、金融庁もやはり「給料ファクタリングは貸金業」だと回答しています。
詳細は下記URLをご確認ください。

怪しいファクタリング会社を利用する際の注意事項

怪しいファクタリング会社を利用する際の注意事項として、日本ファクタリング業協会は下記のように注意を促しています。

  1. 電話やFAXによる借入れは手軽・簡単な反面、違法な金融業者の可能性があります。特に、遠隔地からの電話やダイレクトメールによる融資の誘いには、十分に気を付けて下さい。
  2. 借入れの前に利息計算・返済方法・返済期間・手数料・遅延損害金などを問い合わせ、具体的にきちんと説明できない業者からは借りないことです。
  3. トラブルとなった時の証拠となるため、借入れの際には契約書を必ず受け取り、保管しましょう。契約書を渡さない業者からは、借りないことです。
  4. 契約書に署名・捺印する前に、金利などの契約内容をよく読んで、不明な内容がある場合にはしっかりと説明を求め、納得できない場合やおかしいと感じた時には、はっきりと断る勇気を持ちましょう。
  5. 住所、電話番号、銀行の口座番号などの個人情報を簡単に教えないことです。融資を断ったとしても法外な手数料を取り立てられたり、銀行口座に勝手にお金を振り込まれ違法な高金利の利息を請求されたりします。

引用元:http://www.j-factoring.or.jp/15834645406852

給与ファクタリングについてのまとめ

給与ファクタリングは事実上闇金と変わりません。

どんなに生活が苦しくても考え無しに手を出したりしないようにしましょう。

もし似たようなサービスを利用する際は上記注意事項をよく読んでから利用してください。

【筆者が実際に利用したお勧めのファクタリング会社はこちら】

あわせて読みたい
忙しい方にオススメ!オンラインで即資金調達できるファクタリング業者2選
忙しい方にオススメ!オンラインで即資金調達できるファクタリング業者2選近年、来店不要、申込みから契約まで短時間で完結できるファクタリングによる資金調達サービスが多く見られます。ただし、給与ファクタリングを筆頭に詐欺まがいな業者...
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる