実際に利用してみてわかったファクタリングの審査の流れ・ポイントとは?

ここまで、ファクタリングのことについていろいろ紹介してきましたが、百聞は一見に如かず。

思い切って2社利用してみました。

あわせて読みたい
【ファクタリング】OLTA(オルタ)を実際に利用してみた!
【ファクタリング】OLTA(オルタ)を実際に利用してみた!前回は実際にビートレーディングを利用してみました。しかしビートレーディングは来店や契約書類など面倒なところが多く、「ファクタリングって意外と結構大変だな…」と...
あわせて読みたい
【ファクタリング】ビートレーディングを実際に利用してみた!
【ファクタリング】ビートレーディングを実際に利用してみた!他の記事でファクタリングについて色々説明してきましたが、結論「実際に使ってみた方が分かりやすいよね」ということで、利用してみました。ファクタリングを利用して...

 

各社の契約までの流れについては、上の記事に詳しく紹介しているので、読んでみてください。

そして、今回の利用で分かった審査のポイントについていくつか紹介していきます。

目次

審査の流れとは?

2社とも審査の流れはほとんど一緒でした。

WEBから仮査定(メールアドレスや簡単な法人情報を登録)

(この辺で代表者の本人確認が行われる)

マイページが作成される

本申込(フォーム入力)

電話がかかってくる(ヒアリング審査)

(登録内容と同様のことを聞かれる+資金使途の詳細なども聞かれる)

(見積結果や条件の詳細などを教えてくれる会社もある)

審査結果通知

契約書類の提出(署名捺印が必要な場合もあり)

買取実施、代金振込

売掛金が利用会社に振り込まれたら、そのままファクタリング会社へ振込

他の業者の流れも大きく異なることはないと思います。

必要な書類は?

準備すべき必要な書類は、だいたい以下の通りです。

  • 謄本
  • 印鑑証明書
  • 決算書(2期分)
  • 通帳コピー(1年間)
  • 売掛金の存在が確認できるもの(請求書)
  • 税金に関する書類

また、先方から締結を要求される書類は主に、

  • 売買契約書
  • 代理受領委託契約書
  • 売掛債権譲渡通知書(日付空欄)

などがあります。

最後の売掛債権譲渡通知書は、日付を空欄にして提出し、万が一売掛金回収ができなかった場合、売掛先に債権譲渡通知書を送るためです。

 

この時、契約書は相互保管が基本のため必ず原本またはコピーを受け取るようにしましょう。

署名捺印した契約書の原本またはコピーを渡してくれない業者は、注意した方が良いです。

一般的な審査の基準とは?

審査の基準は主に3点あげられます。

売掛金が存在しているか?

売掛金が本当に存在するものかどうかはファクタリング会社にとって重要なポイントです。もし架空の売掛金を買い取ってしまった場合、回収はほぼ不可能です。

売掛先と結託して請求書偽造を行う会社も存在する世の中、この判断は常に厳しく見られています。

売掛先との信頼関係

売掛先と利用会社との関係性も重要なポイントです。

長年の取引先としてお互いに付き合いがある相手なら、決済が滞ることはほぼないと判断しているようです。3社間取引の場合はさらに重要視されるようです。

3社間取引の場合は、完全に売掛債権の振込口座をファクタリング会社に変更してしまうため、売掛先の状況や取引先との関係性は外せません。

売掛先企業の状況

ファクタリングでは、売掛先企業の財務状況がとっても重要です。

ファクタリング会社にとって、買い取った売掛債権がちゃんと決済されるかどうかが最も重要なので、利用会社の信用情報よりも売掛先企業の信用情報を重視します。

これが、「ファクタリングの審査は融資審査よりも緩い」と言われる一つの理由なのです。

利用する時のポイントは!

ファクタリングに売却依頼する時は、信用力の高い会社の債権を選ぶ

⇒3つの点を見てわかるように、ファクタリングは利用会社よりも売掛先企業の情報が重要になるということです。

 

電話でのヒアリング審査は利用者側も見極めるチャンス

⇒非対面(クラウドファクタリング)の場合は特に、担当者と直接話をするのはこのタイミングしかありません。(問い合わせをすれば別ですが。)

担当者の親切さや親身さなどを判断するのも大事なポイントです。

利用会社は審査される側ですが、こちらも利用する側として判断してください。

 

通帳コピーは売掛先企業との取引実績を確認している

⇒審査の段階で、約1年分の通帳コピーを要求されます。

これは買取依頼をされた銘柄の企業と毎月取引があり、ちゃんと決済されているかを見ているのです。

つまり、新規取引先や一発だけの大口取引の売掛債権は審査に通りにくいと考えてもいいと思います。

 

税金に関する書類は、滞納がないか確認している

⇒税金滞納があり、万が一、利用会社が倒産した時真っ先に充当されるのが税金だからです。ファクタリング会社は、2社間ファクタリングの契約上、買い取った売掛債権の回収を利用会社に委託します。

しかし、その間に利用会社が倒産してしまった時、取引先から入金された売掛債権の代金は、ファクタリング会社には支払われず、税金の滞納分に充当されてしまいます。

そうなると、ファクタリング会社にとって回収不能債権となってしまい、回収業務に体力を割かなければいけません。

まとめ

ファクタリングを利用する時の流れとポイントをお伝えしました。

途中で面談が入るファクタリング会社もありますが、おおまかな流れはどこも同じです。

ファクタリング会社が審査で見るポイントをしっかりおさえておくことで、スムーズに取引ができると思います。良い取引となりますように。

ファクタリングの概要についての説明はこちら!ファクタリングとは?どこよりも分かりやすく解説

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる