取引信用保険とは?ファクタリングとの違いを解説

会社との取引の間で、避けては通れないもの。それは、取引先の倒産です。

取引先の倒産は突然やってくるもので、会社にとって万が一に備えた対策が必要です。そのリスクに備えるものとしてファクタリングや取引信用保険が存在します。

このふたつは、商品性が大きく異なるため、違いをしっかり理解しておく必要があります。今回は、その性質の違いと活用方法を説明します。

 

目次

ファクタリングの種類

ファクタリングと聞くと、「売掛債権の買取サービス」を思い浮かべると思いますが、ここで活用するのは保証ファクタリングです。

もちろん買取ファクタリングも活用することは可能ですが効率的ではないので、ここでは保証ファクタリングを中心に話を進めていきます。

保証ファクタリングと取引信用保険の違いとは?

保証ファクタリングでは、売掛金に対してファクタリング会社が保証をかける、という商品性を持っています。そのため、期日前に入金される商品性はなく、あくまで売掛金の決済に対して保証されているということです。この時、保証は取引先別に選択するため、個別に保証をかけている状態になります。

一方で取引信用保険は、損害保険会社が提供する商品です。包括的な保険なので個別に取引先を選択することはできません。指定できたとしても「一定金額以上の債権」程度の指定が限度です。あらゆる取引債権が保険の対象となると考えてください。

中小企業への取引信用保険の普及

上記の通り、ファクタリングは特定の会社のみ選定できる商品、取引信用保険は債権額全体にかかる商品、ということになります。ここで予想できるのは、取引信用保険の方が圧倒的に保証範囲が広い=保険料が高い、ということです。債権残高の3%が保険料として支払わなければいけない金額となります。支払いは年に1回で、前払いとなることがほとんどです。さらに、取引信用保険は利用するのに審査があるのですがその審査基準は非常に厳しく、ほとんどの中小企業は加入できないのが現状です。

しかも申込企業の対象外とされているのが、小売業や不動産業、金融業、サービス業など保証を必要としている業界が多く、中小企業にとっては使い勝手が悪いと言わざるを得ません。

その点で、保証料率は高いけれど保証ファクタリングを利用するのが一般的になっています。保証ファクタリングは取引先別に審査することと、ファクタリング会社が独自に審査を行うため、取引信用保険に比べて審査基準が緩くなっています。

取引先別に審査があるので断られることももちろんありますが、全ての先を断られることはほとんどないと言っても良いと思います。また、取引先別に選定できることに加え、「この日から決済日までの〇日間だけ」という指定もできるため、使い勝手は良い商品です。

保証ファクタリングの保証料に関しては、債権額の3~10%が相場と言われています。

ただし、保証ファクタリングを取り扱っているファクタリング会社は銀行系しか存在しておらず、買取ファクタリングに比べてそもそもハードルが高いというところは頭に入れておくべきです。

 

買取ファクタリングでも倒産リスクは回避できる?

保証ファクタリングと取引信用保険について説明しましたが、買取ファクタリングでも倒産リスクを回避することは可能です。

取引先が倒産しそうかどうかは、業界内の噂が出回ったりや日頃の取引の中で異変を感じたりすることで何かしら察知する機会が増えると思います。その時、ファクタリング会社に買い取ってもらい、早期に現金化することで回収不能リスクを回避することができます。ファクタリング会社も同様に情報を手に入れているでしょうから、情報収集という意味でも一度無料査定に出して判断を仰ぐということも有効な手段と言えます。

 

まとめ

ファクタリングと取引信用保険を比較して説明しましたが、中小企業にとってはファクタリングが利用しやすいという結論に至りました。そもそも取引信用保険は取引開始のはpドルが高い。高すぎますね。保険ですからね。どちらかと言えば守りの姿勢が強い

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる