複数のファクタリング会社を利用しても良い?

ファクタリングは複数利用しても良い?

結論から言うと、問題ありません。

しかし、審査する側のファクタリング会社は「複数利用」を嫌います。それはなぜかを説明しますね。

目次

ファクタリングは売掛債権の売買取引

ファクタリングは、売掛債権の売買取引であり、融資ではありません。そのため融資審査を落ちた企業も容易に利用できることで有名です。

商取引を行う上で、売掛債権は必ずと言っていいほど発生する債権です。しかし、モノとは違い形として存在することはなく、請求書という形で存在が証明されます。

請求書は取引を示す重要書類

ファクタリング取引の場合、請求書は取引ができるかどうかを判断する重要な書類です。しかし、所詮は紙ベースです。取引先の印鑑等が押してあれば信用性は上がるでしょうが、今やPDFなどデータベースでやりとりされることが多くなりました。それに伴い、ファクタリング会社の見方もだんだん厳しくなっていると言えます。

あってはなりませんが、請求書の偽造や水増しなどが存在するのです。

既に一社のファクタリング会社と取引がある場合

すでに1社のファクタリング会社と取引がある場合、もう1社の審査は正直通りにくいと思って良いと思います。

その理由は2つです。

二重譲渡の可能性が上がる

二重譲渡とは、同一の売掛債権を2社のファクタリング会社に同時に売却することです。つまり、本来1つしか存在しない売掛債権を2社に売却することで多くの資金を確保しようとするやり方です。

つまり、二重譲渡をするとどちらかのファクタリング会社には入るはずの資金が入らないということになります。そうすると、取引先には債権譲渡通知が行き、ファクタリング会社同士で債権の所有の優位性を話し合い…など、トラブルになるのです。ファクタリング会社からしたら、二重譲渡だけはどうしても避けなければいけません。その中で、他のファクタリング会社を利用している履歴があれば二重譲渡を疑う可能性が高くなるというわけです。実際に体験した方の話では、ファクタリング会社A社を利用してから2か月程空けてB社に依頼したら、B社の担当者から「A社の方が条件もいいし、そちらを利用したらどうですか?」と言われたそうです。結局、B社ではA社に売却した売掛先企業とは別の企業の売掛債権を売却したそうです。銘柄を別にすれば、二重譲渡のリスクは減少します。

ファクタリング会社を変える理由が明確かどうか

ファクタリング会社を変えるのは、金融機関を変えるのと同じように体力が必要です。それを踏まえてまで、ファクタリング会社を変更もしくは追加するというのは、何か正当な理由がないとファクタリング会社は怪しむでしょう。

まとめ

結論から言うと、ファクタリング会社を複数利用することに関しては問題はありません。ただし、ファクタリング会社の審査の段階でなぜ複数利用する必要があるのか、別の銘柄でやれないか、など非常に厳しくなると思います。

複数利用するメリットがあるのなら、利用すべきだと思いますが、1社で良いなら1社で収めるのがおすすめです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる