経済産業省もファクタリングの利用を推薦!

資金調達方法のひとつであるファクタリングは、経済産業省も正当な資金調達方法と認めており、利用を推奨しています。

金融機関からの調達が難しい中小企業、零細企業にとって有効な資金調達手段として徐々に浸透しているファクタリングを考えてみましょう。

目次

経済産業省も推奨しているとは?

ファクタリングは売掛債権をファクタリング会社に売却して現金化するサービスのことです。欧米では当たり前の方法として浸透していますが、日本ではまだ利用に踏み込む勇気がないという経営者も少なくありません。

しかし、経済産業省も推奨している方法であり、この仕組みを利用して資金調達を容易にできるように公言しています。

返済がない

大企業を中心に景気が向上しているとされていますが、中小企業零細企業の中には業績が芳しくないところも多く存在します。金融機関から借入して賄おうとも、一向に借入が減らず、借入返済が資金繰りを圧迫してしまっています。

その点、売掛債権の売却により資金を調達できるファクタリングは、契約後も返済に追われることはなく、資金繰りを圧迫する要因にはなりません。そのため、国も中小企業を中心にこの仕組みを推進しています。

担保や保証が不要

中小企業、零細企業にとって担保や保証を要求されることは非常に苦しい条件です。というのも、土地や建物、工場などを保有している企業はあっても既に担保がついており、新規に融資を出す際の評価が出ない、なんてことも容易にありえます。

そもそも土地や建物を保有していない場合もあります。そうすると、担保や保証を差し入れることができず、結果、融資が降りない事態が起こります。

一方で、ファクタリングは融資ではないので、担保や保証は必要ありません。この点でも、中小企業や零細企業にとっては大きなメリットとなります。

資金化が早い

ファクタリングの良さは、資金化が圧倒的に早いことです。スピードを重視するため、即日遅くとも翌日までには資金化できます。中小企業や零細企業は、支払い条件も劣勢に立たされている場合が多いため、すぐに手元に現金が作れるのはとても助けになるのです。融資を申し込んだとしても審査に2週間程かかるのが当たり前で、融資にスピードを求められません。

ファクタリングは資金繰りを圧迫する条件を打開する方法として注目されているのです。

安全性の高いファクタリング

ファクタリングは、融資ではなく売掛債権の売却により資金を調達する手段です。返済によって資金繰りを圧迫することもありません。売掛債権は、商取引を行う上で、ほとんどの企業に発生するものであり、自身の資産として計上されるものです。

会計上は、流動資産内の科目の変動ですが、実務上は「実際に使える資産」と「実際に使えない資産」とに分かれ、非常に大きな変動なのです。

ファクタリングは審査が緩いことで有名ですが、緩いのには理由があります。ファクタリングの重要ポイントは「売掛債権の健全性」です。売掛債権が期日にちゃんと売掛先企業から支払われるかどうかが重要なポイントなのです。申込企業の信用情報よりも売掛先企業の信用情報に重きを置くため、ファクタリングは審査が緩いといわれるのです。

そして、償還請求権もないため、のちに突発的な支払いが発生することもありません。

ファクタリングは安全性の高いサービスといえるのです。

まとめ

売掛債権をファクタリング会社に売却して現金を調達する。それが、ファクタリングサービスです。資金調達に苦労している中小企業や零細企業にとっては、容易に利用できるサービスであり、経済産業省も推奨している方法です。

まだ日本では当たり前に利用されるサービスではありませんが、上手に利用していけば、資金繰りの改善に一役買うサービスとなるでしょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる