銀行系ファクタリングと独立系ファクタリングとの違い

今、ファクタリング会社は増加傾向にあります。ファクタリングは融資ではなく売買取引を扱うので、貸金業法や利息制限法などの法規制もなく、参入しやすい業界なのです。

銀行が系列子会社を設立してファクタリングを提供している会社と、完全に独立した民間のファクタリング会社が存在します。

今回は、その違いとそれぞれの強みをお伝えします。

大手銀行の子会社でファクタリング会社を持つのは、

  • 三菱UFJファクター
  • みずほファクター
  • SMBCファイナンス

が有名なところでしょうか。

大手財閥が母体となっているファクタリング会社なので、提供される商品も規模の大きいものや特殊なものが多いイメージです。名前の通った銀行がバックにいることで安心感は抜群です。

 

一方で、独立系のファクタリング会社は、

  • OLTA
  • ビートレーディング
  • アクセルファクター
  • DLP

といったところが、利用者が多いようですね。

独立系の良さは、柔軟性とスピードです。銀行系のファクタリング会社では、母体が大きい分柔軟性に欠けるところがあります。

ここで、2つの系列を比べてみましょう。

目次

主体

主体は、名前の通り銀行系は銀行です。大手もあれば地銀が提供しているものもあり、様々です。一方で、独立系はファクタリング専門会社で、ファクタリング(債権買取)の取り扱いに特化しています。

 

取り扱うファクタリングの種類

ここは大きな違いです。

銀行系(大手)の場合、ファクタリングでは最も主流である2社間ファクタリングは取扱いがありません。これは、ファクタリング会社のリスク低減のためです。2社間ファクタリングの場合、売掛先企業からの資金の振込は一旦申込企業の口座に入ります。その後、遅滞なくファクタリング会社の口座に送金するのが契約なのですが、中には、ファクタリング会社に送金せずに横領してしまうケースもあるのです。このリスクは3社間ファクタリングの場合は起こることはありません。銀行系のファクタリング会社は、銀行と同様のリスク管理を求められるので、2社間ファクタリングのリスクを取ることができないのです。2社間ファクタリングを利用したい場合は、独立系を選ぶことになります。

一方で、銀行のネットワークを利用して国際取引のファクタリングを提供しています。これは、海外のネットワークがある銀行だからこそできるものであり、非常に特徴的な商品といえます。この商品は、独立系のファクタリング会社が取り扱うには難易度が高く、独立系で取り扱っている会社はほぼ皆無です。

同様に、保証ファクタリングも銀行系のファクタリング会社が得意とする商品です。

保証ファクタリングの重要なポイントは、「信用情報の正確性」です。独立系の場合、帝国データバンクや東京商工リサーチなどの信用情報を基に判断しますが、銀行系はそれに加えて、これまでの顧客情報の蓄積とネットワークがあるため、信用情報取得の早さと正確性には長けています。

保証ファクタリングに関しても、独立系で扱うところは少なくほぼ皆無といって良いでしょう。

審査基準

ファクタリングの審査は、一般的に緩いとされています。

しかし、銀行系のファクタリング審査は融資の審査と同等と思ってください。つまり、非常に厳しいです。さっきも言ったように、銀行系は銀行と同様のリスク管理を求められ、簡単に横領や未回収事案を出すことは許されないのです。結果、審査基準は非常に厳しくなったということです。

逆に言えば、銀行系のファクタリング会社と取引できれば外部に与える印象は良くなるということです。

しかし、ファクタリング=審査が緩く利用しやすい、という利点がなくては、利用促進も難しい気がします。

 

審査期間

同様に、審査が厳しければ審査にも時間がかかります。銀行系のファクタリング会社は、ファクタリング=即日対応、という利点をまたしても欠いてしまいます。

審査対象が、国際的になればさらに審査期間は長くなるでしょう。国際ファクタリングと保証ファクタリングについては、長期で計画を見る方が良いと思います。

信用

銀行系ファクタリングは審査が厳しく、取引を開始すること自体が難易度の高いものなので、一度取引ができれば外部に与える印象は大きく変わります。

銀行系ファクタリングと取引があるということはひとつのステータスとして捉えることもできます。

一方で、独立系のファクタリング会社に関しては、取引していることをばらしたくないという利用者が多いのが特徴です。ファクタリングという商品性とイメージがまだ馴染みの薄いものであるため、利用していることで「資金繰りが厳しい企業」という印象を与えてしまう、という認識がまだ残っているのです。

まとめ

ざっと、銀行系と独立系の違いを説明しました。

銀行系は母体が銀行、という明確な安心材料がありますが、その反面審査が厳しく、中小企業や零細企業が簡単に利用できるサービスではありません。

また、一回の取扱金額も数千万円~数億円と規模が大きいのも特徴です。そうなると大手企業や上場企業くらいしか対象になりません。誰もが気軽に利用できるものではないので、中小企業や零細企業は独立系のファクタリング会社を選ぶべきです。

利用のしやすさから言えば、圧倒的に独立系です。

しかし、国際ファクタリングや保証ファクタリングなど、独立系が提供するには難しく、銀行系の強みを活かした商品もあります。

 

どちらも強みがある商品なので、使途に応じて相談してみましょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる