近年増えているフリーランスはファクタリングを利用できる?

近年フリーランスとして働く人が増えました。それに伴い、フリーランスも利用できるファクタリング会社も増えています。法人と比較して個人事業主の信用力は低く、資金の調達に困窮する方が多いでしょう。

個人事業主がファクタリングを利用する際のポイントをお伝えします。

目次

個人事業主でも利用できる?

法人では徐々に利用が広まっているファクタリングですが、個人事業主にはまだまだ馴染みの薄いサービスです。

実際、ファクタリング会社で個人事業主向けにサービスを提供しているところは多くはありません。その理由は、ある程度買い取る売掛債権の大きさがないとコスト対効果が少ないと判断する会社が多いためです。しかし、個人事業主だから利用できないということはありません。むしろ、個人事業主で融資をひっぱってこようとしても困難なことが多いですが、ファクタリングであれば容易に資金調達ができます。

融資の場合、個人事業主の信用力を判断するのは容易ではありません。一方で、ファクタリングは、個人事業主の信用力よりも売掛債権の健全性を重視するため、売掛先企業の信用情報が良ければ審査が通りやすいのです。個人事業主の資金調達手段は限られているため、ファクタリングはとても有効な手段と言えます。

また、個人事業主だからと言って手数料が高くなるわけでもありません。何度も言いますが、重要なのは売掛債権の健全性なのです。なので、利用者が法人であろうと個人であろうと変わりはないのです。

個人事業主がファクタリングを利用する時の注意点とは?

個人事業主がファクタリングを利用する時に注意すべきなのは、手数料等の費用と利益のバランスです。

ファクタリングの手数料が高いことは承知の上だと思いますが、その手数料によって本来の利益の全部を取られてしまっては、商取引として成り立たなくなります。ファクタリングを行っても利益が残る、もしくは、今後利益を生む取引のための前投資であるのが望ましいといえます。

まとめ

フリーランスの個人事業主であってもファクタリングは利用できます。融資よりも容易に審査が通りやすいので、資金調達の手段が限られる個人事業主にとっては有効な手段といえます。しかし、注意すべきなのは本来の利益を大幅に圧迫してしまう、もしくは赤字にしてしまう利用はおすすめできないということです。手数料が高い分、利用のタイミングはしっかり検討しておくべきです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる