意外と知らない?リバースファクタリングとは?

現代の日本では、「売掛債権を買い取るサービス=ファクタリングサービス」という認識はある程度広まっているように思えます。

しかし世の中には他のスキームがあるのをご存知ですか?

その名も、「リバースファクタリング」です。リバースファクタリングとは何なのかを説明していきます。

目次

リバースファクタリングとは?

リバースファクタリングとは、「買掛金先延ばしサービス」のことです。要は、買掛金を保有する発注企業がファクタリング会社に依頼をして取引先への支払いを代行してもらうサービスのことです。

買掛金の支払いサイトは長ければ長いほど、資金繰りに余裕が生まれます。

 

リバースファクタリングが利用される状況は、下請け会社への支払いが重なり、資金不足となる時です。

リバースファクタリングを利用するメリットは?

リバースファクタリングのメリット①:支払いサイトを伸ばすことができる

資金不足になり支払いが厳しくなった場合、融資を利用することが一般的ですが、融資には時間がかかる、または金融機関から借りられない状況になった時は資金ショートしてしまいます。

そこで、利用できるのがリバースファクタリングです。リバースファクタリングはファクタリング会社が間に入ることで支払いサイトを先延ばしにしてくれるため、資金ショートを回避できます。

支払いサイトを先延ばしにするということは、結果的に延ばした期間の資金調達をしたのと同じ効果が得られます。

 

リバースファクタリングのメリット②:早期に資金化、確実に現金回収できる

リバースファクタリングのメリットは受注企業にもあります。

発注企業が資金ショート寸前になっていることは、取引をしている上で何となく察することができます。その場合、受注企業としては売掛金の回収ができなくなるリスクを避けるために、サイトを短縮してほしい交渉をしたりします。本来、このようなリスク回避の交渉は当事者同士で行うのが一般的です。しかし、発注企業がリバースファクタリングを利用した場合は、ファクタリング会社が支払いを確立してくれるので、交渉は不要ですし、債権回収の手間も省けます。

 

リバースファクタリングは両者にメリットがあるのです。

リバースファクタリングのメリットと注意点とは?

リバースファクタリングは、今の日本では取り扱う会社が少ないということです。また、リバースファクタリングの対象となる買掛金は数千万円単位の高額な買掛金です。そのため、ファクタリング会社側も相当な資金力のある会社である必要があり、現在はビートレーディングとみずほファクターの2社です。

まとめ

リバースファクタリングは、通常のファクタリングとは商品性が異なります。支払いサイトに余裕を持たせることによって資金ショートを回避して取引に支障をきたさないようにするものです。

これは、取引に関わる企業(発注企業、受注企業)ともにメリットがあるためおすすめできるファクタリングです。

ただし取り扱っている会社は少なく、利用が広まっていないという点ではデメリットと言えるでしょう。

リバースファクタリングが今後広く認識されれば取引もスムーズにいくことでしょう。

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる