ファクタリングに向いていない会社とは?

売掛金を早期に現金化できるサービスであるファクタリングに、向いていない会社なんてあるの?と思った方。

今回は、ファクタリングに向いていない、利用を控えた方が良い会社についてお話しします。

目次

ファクタリングに向いていない会社の特徴って何?

売掛先企業の信用力が低い会社

ファクタリングの審査の重要ポイントは「売掛債権がちゃんと決済されるかどうか」です。その中で、売掛債権を発行している会社の信用力が低い場合は、ファクタリング会社は買取を拒否する可能性が高いです。

また、買取してもらえたとしても手数料が高くなり、利益を圧迫する可能性もあります。売掛先企業の信用力が低いと思った場合はファクタリング利用を控えた方が良いでしょう。

人件費などの固定費に充てようとしている会社

人件費などの固定費は本来、通常運転資金から捻出すべきものです。しかしその固定費を支払えないということはそもそもキャッシュフローが悪化している証拠です。それをファクタリングで賄おうとしても、キャッシュフローは改善しません。

キャッシュフローを改善しようとするならば、収入と借入返済などの支出のバランスを見直すべきです。

ファクタリングの利用は、「売上を伸ばすために利用」が最善と考えておくと良いと思います。

売掛債権の利益率が低い会社

仕入原価に比べて、売掛債権の利益率が低い会社はファクタリング利用を避けた方が良いでしょう。ファクタリングは金融機関借入とは違い、手数料率が割高なサービスです。そのため、利益率が手数料率よりも低い場合は受け取れる利益を全てファクタリングの費用にしてしまったということなので、商売としては避けるべきです。

金融機関から融資を受けられる会社

そもそも金融機関から融資を受けられる会社はファクタリングを利用すべきとは言えません。手数料率と金利を比較しても借入よりファクタリングの方が有利になることはほぼないです。

借入の枠は大きな設備投資や資金調達の際に残しておきたいと考えている会社は、利用する価値はあると思います。

もし、金融機関から借入できる場合で、何本も借入が走っている場合は、借換を行って返済額の見直しなどをしてもらえれば、キャッシュフローの改善にもなるのでおすすめです。

 

ファクタリングの利用条件って?

ファクタリングを利用する時の条件って何なのでしょうか。

それは、「売掛金を保有していること」です。

商取引によって売掛債権を保有していれば、利用できるということです。アパレル業界や小売業界に多いクレジット債権も対象となります。

また、不動産収入のように将来高確率で発生するであろう将来債権も買い取ってくれる業者もあります。

 

{DLP}

まとめ

利用条件はどんな業種でも当てはまるものなので、利用するハードルは低いとわかります。ただ、ファクタリングを利用すべきではない状況も存在します。ファクタリングを利用する際は、前向きな利用であること、利益率を考えること、債権の信用力を考えること、をしてください。

ファクタリングは、上手く使えば優れたサービスになります。

よく考えて検討してみてください。

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる