業種別利用

【不動産経営者必見!】家賃収入をファクタリングするには?

最近、不動産経営を行う業者や個人事業主が増加しています。サラリーマンであっても資産運用の一環として不動産を購入し、投資家として家賃収入を得ている方も増えました。

不動産経営をしていると起こるのが、突発的な修繕やリフォームです。

修繕費はなかなか大きな出費です。手元にまとまったお金がないから借りたい、と思ってもすぐに融資が降りるとは限らず、調達に困る結果になってしまいます。

そこで活用できるのが、ファクタリングです。

不動産経営で大変なこと

不動産経営をしていて大変なこと。

それは不動産の管理、維持ではないでしょうか。家賃の回収や入居者とのやりとりは管理会社に任せればいいのですが、維持にかかる出費はオーナー負担であることがほとんどです。

それも、入退去時のリフォームなどは敷金等で賄えますが、突発的な天災による修繕に関しては早急に対処しなければならず、急に資金が必要になる原因となります。

さらに、天災等での修繕の場合は、破損規模にもよりますがなかなか大きな出費になるでしょう。そんな時、手元に資金がなく早急に対応できなければオーナーとしての対応が問われてしまいます。

資金調達する際、金融機関に融資をお願いしても審査までに時間がかかり、融資が降りない場合もあります。そこで利用できるのが、ファクタリングなのです。

不動産収入にファクタリング?

不動産収入は、一般顧客からの売掛債権と見做すことができます。普通の賃貸契約は2年更新のためほとんどの方が2年ごとに更新か解約かを検討します。オフィスの場合は3年契約です。

そのため、途中解約という可能性はあるものの、割と安定した将来債権が約束されていると考えて良いです。

そして、ファクタリングは売掛債権を最短即日で資金化してくれるサービスです。

ファクタリングで買い取る債権といえば、主に商取引による売掛債権をイメージすると思いますが、不動産収入も売掛債権と見做されます。

不動産収入を買い取ってくれるファクタリング会社はそんなに多くありませんが、実績を多く積んでいる会社もあります。

DLP}

ファクタリング審査は大丈夫?

ファクタリング審査での重要ポイントは「売掛先企業の信用力」とお伝えしました。その観点からいくと、売掛債権先は借主であり、個人顧客がほとんどです。

一般顧客相手に信用力?と思う方も多いと思います。

しかし、そもそも入居審査の段階で管理会社の審査があり、さらには保証会社の契約を課していることも多いので、信用力という面では割と安心できると考えて良いと思います。

ファクタリング会社もその点を考慮して買い取ってくれるのでしょう。

ファクタリングの期間は?

ファクタリングを申し込んだ場合、何か月先までの将来債権を買い取ってくれるのでしょうか。

ファクタリング会社にもよりますが、1~2か月が通常で、中には3か月見込んで買い取ってくれる業者も存在します。

ファクタリング会社に見積を取る際に聞いてみると良いでしょう。

利用する時の注意点

便利な資金調達方法であるファクタリングですが、利用する時の注意点があります。

将来債権を前倒しして資金化しているだけ

ファクタリングは、将来現金化される債権を前倒しして現金化しているものです。

将来満額で受け取れるはずの債権を、手数料を支払って現金化しているため、本来の期日には現金が入らないということです。

手数料を支払って現金化すべき状況なのかどうかを見極めてください。

突発的な支出にのみ利用

ファクタリング全般に言えますが、継続的な利用はおすすめしません。なぜなら、経常的な資金需要は本来、通常の運転資金で賄われるべきであるからです。

経常的な運転資金をファクタリングで賄おうとした場合は、そもそもキャッシュフローが悪化している証拠なので、そもそもの見直しをおすすめします。

ファクタリングは、キャッシュフローの改善ではなく、急な資金需要に対応できるサービスとして利用してください。

手数料率が利益率を上回らないように

突発的に資金が必要な場合は、利益率などを考えるよりも手元の現金確保が優先されますが、頭に入れておいてほしいです。

ファクタリングは手数料が高いサービスです。その分受け取れる利益を削っていることになるので、複数回利用すべき時などは、手数料率が利益率を上回っていないかどうかを見極めてください。

まとめ

不動産購入の際に必要な手付金や、天災などによる修繕のための急な出費。

不動産経営では手元の現金確保がとても重要になります。その現金の調達方法として融資が一般的ですが、金融機関の審査は迅速とは言えません。審査に時間がかかり期日までに調達できなかったなんてことも起こり得ます。

そこで活用できるのが、ファクタリングなのです。

手数料が高い分、最短即日で資金確保ができるため、どうしても現金が必要になった場合は利用する価値のあるサービスといえます。ただし、利用すべきではないタイミングもあるので、よく検討してみてください。

ファクタリングの概要についての説明はこちら!ファクタリングとは?どこよりも分かりやすく解説