【ファクタリング】OLTA(オルタ)を実際に利用してみた!

前回は実際にビートレーディングを利用してみました。

しかしビートレーディングは来店や契約書類など面倒なところが多く、「ファクタリングって意外と結構大変だな…」と思ってしまったのが本音です。

そこで、今度はもうひとつ気になっていたファクタリング会社、OLTA(オルタ)を利用してみました。

結論から言うと、スピードも手数料も総合的に使いやすく、ネット上で全て完結するのでとても楽に利用できました。

今回はそのOLTAを利用してみたレポートになります。

目次

問い合わせ

OLTAのHPに問い合わせフォームがあったのでそこから連絡しました。

まずはアカウント登録から始まります。

その後、ユーザー情報の登録画面が表示されので指示に従い基本情報を入力。

内容はどこにでもあるような内容なので、そんなに時間はかからない印象です。

ユーザー情報の登録が完了したら、次は本人確認です。

  • 入力
  • 運転免許証の裏表のコピーデータをアップロードする

もちろん、入力内容とデータの内容が一致していることがマストです。

ここまででユーザー情報登録は完了です。

ちなみにアカウント登録が完了した段階で、サポートセンターからメールが送られてきます。

「請求書買取」をご希望の場合は初期審査の入力をお願いします、という内容でした。

初期審査はどのタイミングでも大丈夫そうですが、入力しないと審査完了しません。

メールの画面も載せておきますね。

メールの画面

メールの画面

 

初期審査項目はこちらになります。

初期審査は質問項目が多く少し面倒ですが、ネットだけで申込完了できるので仕方ないですね。

実際に請求書買取してもらうにはマイページで請求書の買取を申し込むのボタンから申込します。

提出書類は、

  • 決算書1期分一式(勘定明細も含む)
  • 銀行口座の入力(保有しているもの全部)
  • 入出金データ(7か月分の明細)

です。

次に買取対象の請求書データの入力です。

  • 必要金額(請求書金額内)
  • 資金使途(できるだけ詳しく)
  • 買取対象の請求書の数
  • 請求書内容の入力

電話確認

数時間後、先方から電話で確認がありました。

聞かれた内容は、

  • 法人の住所
  • 法人の業務内容
  • 希望金額
  • 資金使途

でした。聞かれたのはユーザー情報の登録画面や請求書買取申込画面で記入した内容のみで、電話番号確認くらいの感じでした。

そして電話確認の1時間後には下記のように登録した債権の内容の確認メールが届いていました。

確認のためにメールへの返信が必須だそうです。

ちなみに審査中のマイページは下記のように表示されてました。

審査回答通知

その後、メールで審査結果の通知が来ました。

今回無事に買取が決定しました。

そしてマイページより「契約手続き」をしてください、とのことでした。ここで買取をやめたい場合はキャンセルすることも出来るんですね。

 

契約手続き

契約手続き画面です。

買取希望の債権にあるチェックボックスにチェックをつけていくと買取対象債権となります。

捺印などが必要な契約書類は特にないんですね。チェックボックスで確認、としているようです。署名捺印や印紙が不要なのはだいぶ楽なのではないでしょうか。

いわずもがなですが、契約書はちゃんと目を通してくださいね。

まとめ

金額は

  • 買取債権額:326,086円
  • 入金額:300,000円
  • 手数料:26,086円

となり手数料8%です。

 

初回手数料21.6%だったビートレーディング(21.6%)と比べるとかなり安いですね。

また書類も最初から要求されたもののみで大丈夫でした。

登記簿や印鑑証明などもいらないので、必要最低限なのかなと感じました。

初期審査の項目が多くて少し面倒だったくらいです。

 

また対応も早く、今回は私の都合もあって2日かかってしまいましたが、すんなりいけば即日入金も可能だと思います。

 

本当にネットのみで完結できるし、総合的におすすめのファクタリング会社だと思います。

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる