知らなかった!ファクタリングの資金調達以外の活用法とは!

ファクタリング=資金調達方法のひとつ。

その認識が大半を占めると思います。もちろん、ファクタリングは資金調達の容易な方法として認識されていますし、ほとんどの方がその目的で利用していることが多いと思います。

しかし、その他にもファクタリングを上手く活用することで生み出せるメリットがあることはご存知ですか?

では、今回は資金調達方法以外の活用法についてご紹介します。

目次

資金調達方法以外の活用法って?

私がおすすめするものをいくつかご紹介します。

黒字倒産を避ける

中小企業に特に多い黒字倒産。黒字なのに倒産?と思うかもしれませんが、これ本当に多いのです。

原因は「手元の現金不足」です。現金は、仕入先への支払いや手形の決済、給与、諸々の経費など毎月発生する支払いに充当されます。

ある程度毎月現金を確保しておく必要があるのですが、回収見込みの売掛金が回収できなかったり、融資が受けられなかったりして支払いに充当できる現金が不足した場合、黒字であったとしても倒産の可能性はぐんと上がります。

また、黒字の場合まとまった額の税金の支払う必要があり、ますます資金繰りを圧迫します。

そんな時にすぐにスポット的に利用できるファクタリングはおすすめです。

損益計上

ファクタリングの場合、買取手数料は費用計上できます。

そのため、黒字で利益が大幅に出た場合、節税目的でファクタリングを利用する企業も多いです。

ファクタリングであれば、手数料を引いた額が売掛債権項目から現金項目に移行されるだけなので、BS項目も傷つけることもありません。

回収不能リスクを転嫁

売掛債権の中には、本当に回収できるかわからないという債権も存在すると思います。そこでファクタリング会社を利用するのもひとつの手です。

もちろんファクタリング会社も独自に売掛先企業の審査を行うので、買取できないと判断される場合もありますが、買取してもらえた場合はリスクを回避できたということになります。

もし買取してもらなかった場合でも、この債権に対して「回収リスクがある」という外部の目も判断材料が手に入ったということです。

その場合、この売掛先企業との今後の取引方針を考え直す機会になりますよね。

まとめ

資金調達方法以外でのファクタリングの活用方法はいかがでしたか?

黒字倒産回避、損益計上、回収不能リスクの転嫁の3つをご紹介しました。

それぞれ、ファクタリングの良さを活かした活用方法です。

他にもファクタリングを利用して金融機関からの借入を圧縮して自己資本比率を上げることで、さらに融資を受けやすくするなど、活用方法は多様にあります。

ご自身に合った活用方法を見つけてみてください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる