日本におけるファクタリングの市場規模は?

ファクタリングのサービスの始まりは欧米です。

★ファクタリングの歴史については、こちら。

売掛債権の譲渡によって手軽に資金調達を行いたいというニーズはリスクを負って売掛債権を買い取る業者の増加につながりました。

欧米では、日本に比べて金融ビジネスが盛んなのもファクタリングが浸透した特徴です。

日本でファクタリングサービスが始まった時、特に注目されませんでした。

日本では手形取引が主流で、裏書譲渡や手形割引によって現金化することができるサービスが出来上がっていたためです。

目次

日本で広まったきっかけ

手形取引の減少

日本でファクタリングサービスが広まったきっかけは、バブル崩壊後に手形取引が減少し、別の現金化サービスのニーズが高まったことです。

手形割引は償還請求権があるため、手形発行会社が倒産して支払い不能になった場合、割引を契約した金融機関から額面金額の支払いを請求される可能性があります。結果、償還負担が原因で連鎖倒産が多発したことにより、手形取引が減少しました。

システムの普及

手形取引は現物取引です。書面でのやりとりが一般的で、管理の手間もありました。

しかし、インターネットやシステムの普及により売掛債権の譲渡管理も容易になり、ファクタリングが扱える環境が整ってきたのもひとつの理由です。

ファクタリングの市場規模はどのくらい?

日本のファクタリングの市場規模は約5兆円規模です。

国内ファクタリングと国際ファクタリングがありますが、日本では圧倒的に国内ファクタリングが主流です。

ただし、欧米ではこの約10倍の市場規模なので、まだまだ小さな市場だと考えてよいでしょう。

ファクタリングはどの業種に有効?

ファクタリングのメリットは審査期間が短いこと、担保や保証が不要なことなどがあげられます。その中でも担保や保証が不要というのは、有効的でしょう。起業まもないベンチャー企業などは、売掛債権はあっても資産がないため金融機関から融資が受けられず、手元資金もないため新規事業を進められない、などの悩みもファクタリングであれば解決できます。ファクタリングは基本的に売掛債権があれば利用を申し込めるサービスなので、短期的な資金調達手段としてファクタリングサービスを利用することをおすすめします。

★ファクタリングに向いている業種については、こちら。

★ファクタリングについては、こちら。

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる