保証ファクタリングは何?仕組みを紹介!

ファクタリングといえば、売掛債権を売却して現金化するサービスです。これを買取ファクタリングというのですが、別のサービスに保証ファクタリングというものがあります。

名称は似ていますが、全く違うサービスですので仕組みを理解しておくことが大事です。ここでは、保証ファクタリングの仕組みを紹介します。

目次

保証ファクタリングとは?

保証ファクタリングとは、企業が受け取った売掛債権(手形含)の支払いを保証してくれるサービスのことです。買取ファクタリングとは違い、売掛債権は支払い期日が来るまで現金化することはできません。

保証ファクタリングは売掛債権が回収できないリスクをファクタリング会社が負うものです。売掛先の倒産等で売掛債権が回収できない時、ファクタリング会社が代金を支払ってくれます。

利用者は売掛債権を保証してもらう代わりに保証料を支払います。

保証ファクタリングの利用方法は?

保証ファクタリングを申し込む場合、利用者はファクタリング会社に保証してほしい売掛先のリストを提出します。それをもって、ファクタリング会社は与信審査を行い、各企業の保証限度額と保証料が設定します。

利用者は保証開始日から各企業の保証限度額内で売掛債権の保証を受けることができます。そして、毎月ファクタリング会社へ保証料を支払います。

まとめ

貸し倒れリスクはどの企業も起こりうることで、経営に大きな影響を及ぼすものです。リスクヘッジの方法はいろいろありますが、メリットとデメリットなどを理解してどの方法を利用するか検討してください。

日常的に保証ファクタリングを利用していれば、新規開拓の際に必要な与信審査に関しても無料で与信審査を行ってくれる保証ファクタリング会社もあります。

いろんな手段を使って上手くリスクヘッジを行っていくことが大事です。

★保証ファクタリングのメリットとデメリットについては、こちら。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる