ファクタリングと手形割引の違いを徹底解説!

本記事では、ファクタリングと手形割引の違いについて説明したいと思います。

まずそれぞれの特徴について細かく見ていきましょう。

目次

ファクタリングサービスとは?

ファクタリングとは、保有している売掛金をファクタリング会社に売却することで早期に現金化するサービスです。売掛金は売掛先企業と取り決めた契約書や請求書ベースで発生する債権であり、期日まで平均1~2か月は現金化できないケースがほとんどです。

ファクタリングは自社が保有している売掛金の現金化であるため、受け取った資金を返済する必要がないというのも大きな特徴です。

手形割引とは?

手形割引は、取引先企業から約束手形という現物(現金に同等するもの)を受け取り、それを返済原資として銀行から融資を受けるサービスです。手形割引の場合、手形という現物の存在が重要になり、融資金額の判断材料にもなります。

ファクタリングサービスと手形割引の違いは?

ファクタリングも手形割引も商取引にかかる売掛債権を基に手元資金を確保するという点では共通です。

しかし根本的にサービスや商品性の違いがあるので、そこはちゃんと理解しておくことが大切です。

まず大きな違いの一つ目は、返済義務の有無です。ファクタリングは売掛金をファクタリング会社に売却することで資金を受け取れるサービスなので、売却した時点で売掛金の権利はファクタリング会社に移行します。そのため、売掛金が決済されても利用会社は返済する義務はありません。一方、手形割引は手形という形で証券化されているものを担保にして金融機関から融資を受けるという商品性質があります。そのため、割引した後、金融機関に渡した手形が期日到来して決済された場合、その決済資金が返済に充てられるということです。

二つ目は、償還請求権の有無です。償還請求権とは、売掛先企業が倒産等により債務不履行(支払不能等)になった場合、代金を代わりに支払う義務のことです。ファクタリングサービスは売掛金の権利がそのままファクタリング会社に移行するため、利用会社に償還請求権はありません。一方で、手形割引の場合は、必ず償還請求権があります。金融機関に持ち込んだ手形が決済されない場合は、金融機関から代わりに手形代金の支払いを求められます。これは融資であるという性質も関係してくるためです。手形割引の場合は、期日が到来して決済が完了するまでは管理を怠らないことが重要ですね。

手形割引が減ってきている?

融資方法のひとつとして利用されている手形割引ですが、いくつかの理由により積極的に手形割引を受け入れる金融機関が減ってきているのが現状です。

一つは、手形取引の信用力が低下している現状があります。手形という現物があることで、決済の信用力をあげる意味合いのあった手形取引ですが、現代、商取引の多くは信用力によって売掛金を許容することが多くなりました。その中で、手形取引を継続している会社はデフレが続いた影響により経営状態が悪いために手形取引を継続しているケースもあります。

そのため不渡手形になるものが多く、全体的に手形の信用力が下がるということです。

もう一つは、融通手形の存在です。融通手形とは、商取引がないにも関わらず手形を発行して資金を融通する手形で、不渡りになる可能性が高いものです。融通手形の見極めは非常に難しく、金融機関にとって手形割引自体がリスクを背負うことになるのです。

まとめ

手形の信用力が高い時代は、手形割引はとても容易な資金調達方法でした。

しかし、手形自体の信用力が低下している現代では、簡単な資金調達方法として認知されなくなってきており、むしろ手間や審査が煩雑化し利用しづらくなっているのが現状です。

その点、ファクタリングは現物のない売掛金を買い取ってくれるサービスで、金融機関の審査ほど厳しくはなく、現代の商取引で利用しやすいサービスです。

積極的にファクタリングサービスを活用してみることをおすすめします。

ファクタリングの概要についての説明はこちら!ファクタリングとは?どこよりも分かりやすく解説

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる