ファクタリングとでんさいとの違いとは?

外部から資金を調達する方法はいくつかありますが、有名なのはもちろん銀行の融資ですよね。

このサイトにたどり着いたということは、何かしらファクタリングに興味を持ったということだと思います。

じゃあ、ファクタリングと他の資金調達の方法とはどこがどう違うのか?

その点をシリーズで詳しくお伝えしていきますね。

1回目はファクタリングとでんさいの違いについてです。

目次

でんさいとは?

でんさいとは、電子記録債権の略です。電子記録債権とは、その名の通り電子記録される債権であり商品の性質は手形取引と似ていますが、でんさいの場合は手形という現物がありません。その代わり電子記録用のシステム(でんさいネット)があり、システム上で債権のやりとりが記録されていきます。商取引の決済方法としては比較的新しく、インターネットが普及したことにより広まった決済方法です。

※でんさいネットとは:

全国銀行協会が100%出資をして設立した株式会社全銀電子債権ネットワークが管理運営している債権管理システムのことです。商取引に使用された電子債権は全てこのシステムで管理されています。

でんさいとファクタリングの違いは?

電子記録債権と売掛金の譲渡であるファクタリングの違いとは何なのか、説明します。

一つ目は譲渡債権の種類です。でんさいネット上に記録された債権か、売掛金かということです。

二つ目は取引の流れの違いです。でんさいの譲渡の場合は、でんさいネット上で譲渡記録を発行して承認されれば取引成立です。一方ファクタリングは対象の売掛金に対して契約書を作成し、契約に基づいて管理されます。そのため、売掛先企業が債権譲渡の事実を知り得る契約形態と知らない契約形態があります。

でんさいのメリットは?

手形取引に似ているでんさいを利用するメリットは主に4つあります。

債権者等の情報がわかりやすい

債権情報をでんさいネット上に登録するため、債権者や金額、期日等がわかります。そのため、誰に帰属しているのかが一目でわかります。

一部譲渡ができる

でんさいネットに登録された債権は、別の債権者に一部譲渡ができます。手形は一部譲渡ができないため、決済方法として便利な機能だと言えます。譲渡する時に手数料が数百円かかりますが、それ以外はかからず登記よりも簡単に帰属者を明確にして譲渡することができるのです。

印紙税の負担がない

システム上で発行、譲渡、決済を行うため、本来手形を発行する際に必要な印紙税がかかりません。

 

紛失、盗難のリスクがない

手形取引の際に一番怖いのが、手形そのものの紛失盗難です。手形を紛失、盗難されてしまうと銀行側や取引先への連絡、警察とのやりとりなど手間が増えてしまいます。その点、システム上で全ての取引が完了するので紛失や盗難が起こるリスクがなくなります。

もちろんデメリットもある?!

便利に利用できるでんさいですが、もちろんデメリットもあります。

債権者と債務者両方がでんさいネットに登録していないと利用できない

でんさいネットへ登録している企業はまだまだ少なく普及が進んでいないため、利用できないケースがあります。

ハッキングのリスクがある

ネット取引なので、当然ハッキングのリスクは逃れられません。セキュリティ上万全な対策は取っているでしょうが、可能性はゼロと言い切れないのが現状です。ハッキングされれば不正利用に使われ、損害を受けることになります。

でんさいネット利用には審査が必要

でんさいネットに登録するには、主に銀行経由で申し込む必要があります。これは誰もが利用できるものではなく、銀行側の審査が必要なのです。そのため、一定レベルの信用がないと利用できないのです。

でんさいファクタリングとは?

このでんさいネットを利用してファクタリングサービスを提供している銀行もあります。そのほとんどが大手銀行ですが、手形割引とは違い低リスクで利用できるサービスです。

でんさいネットに登録する際に審査がありますが、ファクタリングを行う際には審査はっ必要ありません。

また、通常のファクタリングと同様に償還請求権がないため譲渡した債権が倒産などの理由で支払われない場合でも、譲渡した会社は支払い義務を負うことはありません。手形取引に代わるでんさいですが、手形割引には付与されている償還請求権がないということです。

よって、手形割引よりも低リスクで資金調達ができるということです。

まとめ

でんさいは、システム上に債権の存在や取引状況を表示させるため、二重譲渡などのリスクはほとんどありません。また、紙媒体では発生していた印紙税もかからないためメリットが大きいシステムです。

しかし、世の中に広く普及しているわけではなく、利用するための審査も必要であるためなかなか利用が広まらないという現実もあります。

一方、ファクタリングは売掛金さえ存在していればシステムの制約などはなく利用できるため、使い勝手は良いと言えます。でんさいが普及していない現代において、ファクタリングは良いサービスと言えるでしょう。

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる