国際ファクタリングとは?大手金融機関系のみ取扱している?

今や、海外企業と取引を行う会社は多数存在し、日本の技術や商品、文化を海外市場に進出させていく動きが活発化しています。

海外市場に進出するのは大企業にとどまらず、中堅中小企業にも広まっています。

国際ファクタリングは、世界的によく知られているサービスであり国際取引において資金回収の保証、取引の手軽さを売りにした商品です。

日本ではまだまだ利用頻度が低いと言われています。今回は国際ファクタリングの仕組みと活用方法をご紹介します。

目次

国際ファクタリングとは?

国際ファクタリングとは、日本の企業が海外へ商品やサービスを輸出する際に利用するファクタリングです。おおまかに言えば国内ファクタリングの海外バージョンです。

通常、海外取引にかかる輸出代金の回収は取消不能信用状や輸出貿易保険を利用することが一般的です。信用状や保証状などを利用すれば貸し倒れのリスクを負うことなく取引できますが、金融機関の審査基準が厳しいことや手続きは煩雑なこと、それに加えて相手国の制度にとって利用が出来ないこともあります。

一方で、国際ファクタリングは、各国のファクタリング会社が協力して機能するので、比較的手続きも迅速です。

大手金融機関のLC取引とは?

貿易取引は、輸出者と輸入者の間で売買契約を結ぶことからスタートします。その契約においてL/C取引で合意した場合、以下の流れが発生します。

  • 輸出企業と輸入企業で売買契約を締結
  • 輸入企業は信用状開設依頼書を作成し、取引銀行に提出
  • 取引銀行(開設銀行)は審査の上、依頼された内容のLCを発行
  • LCは開設銀行から輸出地の銀行(通知銀行)に渡り、輸出企業へ通知

この時、開設銀行は輸入企業の経営状況や与信状況を審査するため時間がかかります。そして、輸出企業がLCを受け取るということは、銀行が輸入代金の支払いを保証してくれるということです。

L/Cには、「契約通りの商品の船積みを条件として、代金を支払うこと」という文言が記載されているため、輸出者はその条件を満たせば、商品の発送後すぐに代金回収ができます。

この流れだけを見れば、LC取引でも問題ないように思えます。確かにLC取引は輸出企業にとって安心できる取引ですが、そもそもLC取引を行うには企業の規模、与信能力、企業体力、取引実績、相手国の経済状況など様々な項目をクリアしなければいけません。

LC取引を開始すること自体、難易度が高いということです。

国際ファクタリングの特徴

そこで出てくるのが、国際ファクタリングです。ここでは特徴をお伝えします。

手続きが容易

ファクタリング会社が代行して取引を進めるため、銀行の信用状や保証状を手配するよりも手続きが容易です。とは言っても海外取引なので、国内ファクタリングよりも時間がかかります。利用を検討する際は、余裕を持って相談しましょう。

4社間取引になる場合もある

基本は輸出企業と輸入企業、そしてファクタリング会社の3社間取引ですが、場合によっては相手国のファクタリング会社も契約に加わり4社間取引になることもあります。

費用は輸出企業が負担

信用調査料などのさまざまな費用は輸出企業が負担します。

相場としては、国際信用調査料が1万円前後、保証料は1~2.5%程度です。

取引の流れとは?

①輸出企業が輸入企業とファクタリング利用の同意を得る

基本的に3社間取引のみ対応しているため、輸出企業から輸入企業に対してファクタリングを利用することに同意をもらう必要があります。

②依頼を受けたファクタリング会社が、輸入企業の信用調査を開始

場合によっては、相手国のファクタリング会社にも調査協力を得ることもあります。

③輸出の船積書類を輸入企業に送り、ファクタリング会社にも写しを送付

④輸入業者がファクタリング会社に代金を支払い

⑤ファクタリング会社は日本の銀行に代金を送金し、輸出企業に代金を支払い

輸出企業の要望により、代金の立替払いや前払いも可能です。

国際ファクタリングの注意点

では、次に国際ファクタリングを利用する際の注意点をお伝えします。

保証期間

国際ファクタリングにおける保証期間は通常180日以内です。生産の遅れや船積遅延などがあり輸入企業からの代金支払いが遅れた場合は、ファクタリング会社に対して輸出企業が負担しなければなりません。

輸入企業の同意が必要

3社間取引のため、事前に輸入企業の同意が必要です。

保証がされない場合もある

国際ファクタリングで保証されるのは、「輸入企業による不払い」「倒産」のみです。相手国で起こったテロや暴動のせいでの不払いは保証対象外となります。

※契約時にしっかり確認してください。

国際ファクタリング利用でかかる費用

手数料

国際ファクタリングの手数料は原則輸出企業側が支払います。手数料率(額)はファクタリング会社によって変わりますが、比較的高めです。

信用調査料

信用調査料は輸入企業に対しての調査です。この調査は必須であり、費用は大体1万円前後というところが多いようです。

保証料

保証料は取引金額によって各社設定されています。大手金融機関が提供しているLC保証料率よりも高めであると思っておいて良いと思います。

国際ファクタリングのメリットとデメリット

ここでは、国際ファクタリングのメリットとデメリットを紹介します。

メリット

  • 輸入企業の未払い・倒産リスクを回避できる
  • 与信管理に利用できる
  • 信用状が不要
  • LC取引ができない取引でも利用できる

海外取引における倒産・未払いリスクを回避できるというのが一番のメリットと言えるでしょう。海外企業ほど相手先の状況がわからない取引はそうないと思います。与信管理に関しても、自力でやるには限界があります。国際ファクタリング業務において蓄積された情報と信用調査において入手した情報で、与信管理を行ってもらうのが良いでしょう。

また、LC取引にかかる手間を省ける点でもスピーディに対応できます。たとえLC取引が出来ない(銀行に断られるなど)取引であっても、国際ファクタリングであれば取引できる可能性が高くなります。

デメリット

  • LC取引と比較して手数料が高め
  • 取り扱っているファクタリング会社が少ない

デメリットは、手数料が高いことでしょう。国内の融資取引とファクタリング取引を比べてみても同様のことが言えますが、審査基準が低い(LC取引ができない先で利用できる)、スピーディである分手数料が割高になります。

この点はメリットとデメリットを天秤にかけ、どちらが利用者にとって得かを判断すべきです。

また、国際ファクタリングを扱うファクタリング会社はごくわずかです。その中から利用するファクタリング会社を選ばなければなりません。

まとめ

国際ファクタリングの概要とメリットとデメリットをお伝えしました。

海外企業との取引を増やそうとしている企業にとっては、LC取引に代わる方法として選択肢に入れておくべきだと思います。

国内外問わず、融資関連(国内融資、LC取引等)取引は手数料や利率が安い分、審査や準備に非常に体力を使います。それに比べてファクタリングは手間と労力は省けますが、その分手数料が割高となります。

とはいえ、今後海外と取引が多くなるであろう日本市場において、国際ファクタリングは重要な役割を担っていくでしょう。

ご自身の取引において、どの選択が一番メリットを大きくするかを考えて、利用を検討してみてください。

ファクタリングの概要についての説明はこちら!ファクタリングとは?どこよりも分かりやすく解説

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる