工事請負代金債権ファクタリングとは?

目次

土木・建設業界で起こる資金繰りの問題

土木・建設業界では他の業種と比べても資金ショートが起こる確率が高い業界です

土木・建設業界は、請負を行って代金が決定した時点で支払われる金額はほぼ決定し工事請負代金債権となります。

ただ土木・建設での工事は完成するまでに相応の時間がかかるので、前払金・中間前払金・部分払い金などが支払われていくこともあります。もちろん、その範囲内で資金繰りをすれば良いのですが、前受金額では足りなかったり少なかったりというケースもあります。

その少ない資金で材料や機材を購入しなければならず、資金ショートを起こしてしまうリスクもあります。

資金繰りの管理は他業種と違う?

土木・建設業での資金繰り管理は、一般的には1週間単位で行われます。

他業界では1ヶ月単位で行われることが多いですが、土木・建設業の場合にはお金の流れの量が1日単位で大きく変化するため、一週間で管理するのが慣例です。

大きく資金が動くのは、給与支払と仕入代金の支払いです。

この項目については毎月起こるもので、当該工事の収入がない状況で資金繰りを行っていく必要があるので、正確な管理が必要です。これらの支払いが滞るようなことがあっては、社内外に対する信用を失うことにもなるので、注意が必要です。

まとめ

土木・建設業界の資金繰り事情は他業種とは大きく異なります。そのため、突発的な支出についてはファクタリング、長期計画で資金調達をする場合は融資など、使い分けていきましょう。

資金繰りがスムーズにいくように融資とファクタリングをうまく利用することをおすすめします。

ファクタリングの概要についての説明はこちら!ファクタリングとは?どこよりも分かりやすく解説

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる