個人事業主はファクタリングを利用できる?

銀行融資と違って返済義務のないファクタリング。中小企業を中心に注目されつつあるファクタリングですが、「個人事業主は利用できない」という情報を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。

実際、ファクタリング会社の多くは個人事業主を対象外としています。

しかし、個人事業主でも利用できるファクタリング会社も存在しますし、特別商品としてサービスを提供しているところもあります。

今日は、個人事業主がなぜ利用できないのかの説明と、個人事業主でも利用できるファクタリング会社を紹介します。

目次

個人事業主が利用できない理由

そもそもファクタリングとは、法人間の取引の中で発生した売掛債権の買取を目的として始まったサービスです。

個人事業主であっても売掛債権は発生しますが、なぜ対象とならないのか。それは①債権金額が小さい=費用対効果が薄い、②債権譲渡登記ができない=二重譲渡リスクが回避できない、の2点が大きな理由です。

では一つずつ解説していきますね。

債権金額が小さい=費用対効果が薄い

そもそも個人事業主は取引する規模が小さいため、必然的に債権金額は小さくなります。そうすると、ファクタリング会社にとってはコストに対する利益が少ないのです。

そのため個人事業主との取引を対象外とするファクタリング会社が多くなるのです。

債権譲渡登記ができない=二重譲渡リスクが回避できない

個人事業主の売掛債権には、債権譲渡登記ができません。

そのため、二重譲渡が行われていたとしても判断材料は個人事業主からのヒアリング事項のみなので、ファクタリング会社にとってはリスクが高いのです。

また、買取後に二重譲渡されてしまった場合にも対抗要件を提示することができないため、保全も確保できません。

個人事業主でも利用できるおすすめファクタリング会社

(DLPを含めた比較表を作成したいです)

まとめ

個人事業主は基本的にファクタリングの対象外となることが多く、個人事業主が利用できるファクタリング会社は限られます。

急に資金が必要になった場合の対処法としてファクタリングを頭に入れておくことをおすすめします。

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる