建設業ではファクタリング利用が盛んなのはなぜ?

ファクタリングの利用が頻繁な業種といえば、建設業です。建設業は工事が始まってから完了するまでの期間が長く、さらに完了してから入金までがさらに1か月程かかるため、建設業の資金繰りを圧迫してしまいます。

そこで、今回はそんな建設業にファクタリングが向いている理由を紹介します。

目次

建設業の取引の流れ

建設業が請け負う仕事は、1回の金額が大きいのが特徴です。その分、それにかかる費用も大きくなります。契約内容にもよりますが、工事代金が支払われるのは完了してから約1か月後です。

工事期間が長ければ長い程、建設業が立て替える費用は大きくなります。そのため、実際に入金されるのが半年~1年となることもあります。

その間、下請け業者や仕入先への支払いや従業員への給与などの支払いは滞ることなく支払わなければならないため、立替が多く発生するのです。

つまり、工事期間中は収入がない状態で事業を進めていく必要があるのです。

工期が長引くこともしばしば

建設業界では、工事代金の入金日が1か月延びることもしばしばあります。これは発注先が支払いを遅らせているわけではなく、天候などの不可抗力的な影響により工期が延長されてしまうことが多いのです。

その結果、完成日も延長され、入金が延びてしまうということです。

こういうことが起こる業界だからこそ資金繰りの改善にファクタリングが使えるのです。

建設業がファクタリングを活用すべき理由

現金化が早い

売掛債権の早期現金化がファクタリングの特徴です。建設業は業界の特徴として、比較的大きな額の売掛債権を長期的に保有する傾向があります。

その売掛債権を利用して、即日現金化できれば資金繰りは圧倒的に改善されます。

また、金融機関の融資は審査に時間がかかるため急な資金需要に対応できないことがあります。

未回収リスクの回避

建設業に限らずですが、突然元請業者が倒産するということはあり得ます。

手形決済を利用している場合は、割引手形を利用している状態で手形が不渡りとなった際、償還請求権があるため下請業者が支払義務を負うことになります。

その場合、下請業者も連鎖倒産となることもあるのです。

その一方、ファクタリングは償還請求権がないため、たとえ元請業者が倒産したとしてもファクタリングを利用していれば未回収リスクと連鎖倒産リスクを抑えられるメリットもあります。

審査が通りやすい

金融機関の融資に比べて、審査が通りやすい傾向にあります。

これは、下請け業者として同じ元請業者と何年も継続して取引していることが多いので、信頼関係がしっかりしていると判断されやすいのです。建設業は長期間、同じ元請業者と取引をすることが多い業種です。

決算書に影響しない

融資取引ではないため、負債が増えることはありません。キャッシュフローの改善だけではなくバランスシートのオフバランス化もできるので、財務体質の改善にもつながります。

★オフバランス化については、こちら。

ファクタリングはつなぎ融資の代わりとして利用するのが良い

ファクタリングは早期に現金が調達できる利点があります。

工事の直前で融資を断られたり元請業者からの入金が延びて手元の現金が足らなくなったりなど、数日でいいから現金が必要となった時に有効な手段です。

ファクタリングは建設業にとって比較的メジャーな資金調達方法として認識されています。

未回収による連鎖倒産が多い業種だからこそ、ファクタリングを利用して未回収リスク、連鎖倒産リスクを回避する企業も多いです。

資金調達方法としても、またリスク回避の方法としても有効的に活用してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる