教えて!2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違い

ローンが多い会社や、赤字や債務超過の会社でも資金調達の方法として知られているファクタリング。

ファクタリングには2種類の方法があります。

今日はそれぞれの仕組みやメリット、デメリットについて紹介していきます。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違いについて、簡単に表にまとめました。

 

3社間ファクタリング 2社間ファクタリング
ファクタリング業者への

支払い元

取引先(第三者) 申込者
取引先への通知 あり なし
取引スピード 時間がかかる 早い(最短即日)
手数料 安い 高い

 

目次

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングの場合、契約者はファクタリング業者と申込者です。そのため、売掛債権先(取引先)への通知はありません。

また、売掛債権が現金化された後、ファクタリング業者に代金を支払うのは申込者自身です。

2社間で契約が成立するため審査がとても早く、最短即日で現金化できます。

ただし、債権が回収できなくなる可能性などのリスクを背負うのはファクタリング業者なので、手数料は割高です。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングの場合、契約者はファクタリング業者、申込者に加え取引先が追加されます。そのため、3社間ファクタリングを行う場合は取引先の同意が必須となります。

また、ファクタリングを契約すると取引先(売掛先)へ債権譲渡通知がいき、債権はファクタリング業者に移行したことを通知します。そのため、売掛債権が現金化された後、ファクタリング業者に代金を支払うのは、取引先(売掛先)です。

ファクタリング契約にあたり、取引先も含めた3社間契約となるため実行までに時間がかかります。その代わり、3社間ファクタリングの場合はリスクが分散されるため、ファクタリング業者に支払う手数料は割安になります。

2社間か3社間かで迷ったときは?

両者を比べてみると、どちらもメリットとデメリットがあります。

どちらのファクタリング方式を選択するか迷った時は、以下の項目を考えてみるといいかもしれません。

いつまでに資金が必要?

急ぎで資金が必要な場合は、手数料が高くても2社間取引を選択する方が無難です。3社間取引には時間がかかり、そもそも取引先の合意が得られなければ契約すらできません。

スムーズな現金化を望むのであれば、2社間取引をおすすめします。

取引先との信頼関係

上述にもあるように、3社間取引では取引先の同意が必須です。そのため、取引先との信頼関係が重要になってきます。

時間に余裕があり、資金調達の一方法として理解を示してくれる取引先の売掛債権の場合は、3社間取引を検討しても良いですね。

取引先に同意を得る際に、納得してもらえるような説明も大事になってきます。

まとめ

企業の状況や用途によって選択肢は異なります。

自社にとってどちらの方式が有利なのか、しっかり考えて利用を検討してみてください。

わからないところがあれば、弁護士や税理士に相談してみるのもいいかもしれません。

ファクタリングの概要についての説明はこちら!ファクタリングとは?どこよりも分かりやすく解説

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる